2008年01月15日

膝蓋骨脱臼・・・

今日の午前中、ルフィを病院病院へ連れて行ってきました。

診察結果は・・・”膝蓋骨脱臼 グレード2”

勉強不足の私達には、初めて聞く病名でしたもうやだ〜(悲しい顔)

なぜ、こうなったのか?



月曜日の朝起きて行くと、いつもの様にルフィは、おはよー犬(笑)の挨拶で後ろの
2本の足で立って寄ってきました。

その時、「キャン、キャン」と、今まで聞いたことがない様な鳴き声で
片足を上げて痛がっていましたふらふら

びっくりして抱き上げて足をさすってあげていると、落ち着いてきて
降ろしてあげると、少し痛かった感触が残っていたのか、歩き方が変でしたが、
しばらく様子を見ていると、普通に歩き始めたので、ホッとしてました。

でも、お昼頃になってトイレにいったルフィが、「キャン!」と泣いて戻ってきましたバッド(下向き矢印)

祝日だったので、どこの病院も休みたらーっ(汗) 以前ワクチン接取をしてもらった病院へ
電話してみると、「すぐに来て下さい。」と、急いで診てもらいに行きました車(RV)

でも、触診をして「骨には異常ないね。痛み止め出しておくから様子を見て下さい。」
という診断でした。

何が悪くて痛がっているのかわからないまま、骨に異常がないという事で少し
安心して帰ってきました。


でも、夕方にも庭で歩いていると、段差を歩く時に、後ろ足をかばっていたり、
小走りでカーブを曲がろうとした時に、「キャン!」って泣いていたし、
夜には、ハウスに入ったままであまり動かないし、食欲もなさそうだったし・・・
DSCN4282.JPG

今日は、朝から大きなしっかりした病院へ診てもらいに行ってきました。


レントゲンも撮ってもらって、先生からの説明を聞くと・・・


膝にある軟骨が真ん中にないといけないのが、内側にズレていましたふらふら
まだ、自分で元に戻せるそうで、戻らないと3本脚で歩いてしまうそうですたらーっ(汗)
ルフィの場合は、グレード1〜4でいうと、グレード2だそうです。

1ヶ月程様子を見て、痛がったりしないようであれば手術の必要もないようですが、
痛がるのが続くようだと・・・・

先生に教えてもらった病名・グレードです。

「膝蓋骨脱臼」

小型犬には付きものと言われる程で、膝のお皿の関節が切れる・外れるという病気。
ジャンプや急激な動きでなったり、先天的・遺伝的に産まれた時からという犬もいる。
飼い主も気がつかない程の軽症から、重症の場合は放っておくと骨の変形や腱の
損傷につながる事も。。。


一生付き合っていかないといけないそうです。。。


グレードについて

○グレード1
4本足で生活できる。飼い主も気付かない程。


○グレード2
自分で関節をはめ直すができ、犬の日常生活には支障がない。
進行状況・肥満・ハードな遊び・フローリングでの歩行等、人間側は
常に注意しないといけない。

○グレード3
手術が必要なレベル。
骨の彎曲・変形してしまったりする。

○グレード4
即、手術!


だそうです。
正直言って、ショックでした。
フローリングで滑らないように、タイルカーペットを敷いたりと気を付けていたけど、
ソファーから飛び降りたりもしていたので・・・

レントゲンを撮ってもらって、しっかりと説明をしてもらったので、よかったですたらーっ(汗)
早速、帰ってきてからソファーを撤去して、ヒデさん、まささん腰が痛い・・・ふらふら


事実を受け止めて、しっかり見てあげていこうって思います。

ルフィexclamation しばらく安静にexclamation×2
DSCN4280.JPG



ニックネーム ヒデ&まさ at 21:53| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする